第1回日本フラメンコアワード審査員発表!

第1回日本フラメンコアワードの審査員は以下の通り、計8名です。

ゲスト審査員(3名)

稲田進
梶山彩沙
平富恵

Flamenco2030運営委員(3名)

志風恭子
タマラ
永田健

一般公募(2名)

Francisco Morales “El Pulga”
矢野由希子

(審査員のお名前は、それぞれ五十音順)
※審査方法は募集要項ページの「審査について」をご確認ください。
 募集要項ページ

 

審査員プロフィール

稲田進

“内圧と間”の第一人者となった日本屈指の男性フラメンコダンサー。
広島出身。
11歳からフラメンコを始め、16歳でプロとしてデビュー。
1996年、母と共に『スペイン居酒屋バル』をオープンし、シェフとして働く傍ら、店のショーで踊り、一躍話題を集めた。
1999年より幾度も渡西し、ペドロ・コルドバ、ドミンゴ・オルテガ、ラファエル・カンパージョ、ハイロ・デ・モロン、ヘスス・アギレラ、ファルキート、ファルー、オルーコ、他多数に師事。

​・2003年 スペインでプロのアーティストたちに認められ現地のタブラオに出演
・2005年 第3回CAFフラメンココンクールファイナリスト
・2007年 第16回フラメンコ協会新人公演 奨励賞受賞
・2007年 テレビドラマ派遣の品格にて、フラメンコの振り付けを行い、自身も出演
・2012年 エルフラメンコにてソロリサイタル
・2013年 京都府立文化芸術会館にて京都公演「間」(KFH主催)
・2015年 第24回新人公演ルネサンス21 群舞部門
     内圧と間舞踊団(稲田進フラメンコ教室) 奨励賞受賞​

現在は東京を中心に、全国各地でライブ出演やクルシージョを開催。
稲田進フラメンコ教室、スタジオセンティードの主宰を務め、後進の指導にも力を注いでいる。
また、コンクールでは、毎年多くの入賞者を輩出し続けている。

稲田さんのホームページはこちら
稲田進フラメンコ教室

YouTubeはこちら
YouTube:【稲channel】稲田進フラメンコ教室

 

梶山彩沙

1987年 福岡県出身。
幼少よりアーティスティック(シンクロナイズド)スイミングチームに身を置き体の基礎を作る。
引退後フラメンコに出会い日本では上藪洋子、ベニート・ガルシア、スペインではファルキート、ファラオナ、アンヘリータ・バルガス、カルメン・レディスマ、ルイス・ペーニャ、オルーコを始めとする多数のアルティスタに師事。

2008年度日本フラメンコ協会新人公演において奨励賞を受賞。
2009年度CAFマルワ財団コンクールにおいて奨励賞を受賞。
2011年度CAFマルワ財団コンクールにおいて準優勝。
2013年度CAFマルワ財団コンクールにおいて優勝。
2014年 スペイン ロンダのコンクール Aniya la gitanaにおいて準優勝。同年グラナダの重要なフラメンコ・フェスティバル”Los veranos del Corral”の最終日にソロ出演。
2017年 スペイン マドリッドのコンクール Baile Flamenco Villa Rosaにおいて優勝と観客賞をダブル受賞。
2018年 マドリッドのタブラオ Las Carboneras、Villa Rosaに出演。同年グラナダのフェスティバル”Los veranos del Corral”に再度ソロ出演。
渡西を繰り返しながら、都内のタブラオや地方・海外でのライブ活動およびフラメンコクラスを開講中。

梶山さんのホームページはこちら
ホームページ

 

平富恵

平富恵 Taira Yoshie
スペイン舞踊家 
平富恵スペイン舞踊団芸術監督

小松原庸子スペイン舞踊団にて、スペイン舞踊全般を学ぶ。
1997年 スペイン留学。
2002年 第1回CAFフラメンココンクール優勝。
2003年 第43回カンテ・デ・ラス・ミナス国際フラメンココンクールにて日本人初のセミファイナル進出。審査委員特別賞受賞。
2005年 ドキュメンタリーTV番組「超人/ビルドーソ」、NHKほかTVやCMなど。他ジャンルアーティストとのコラボレーション、劇団ワハハ本舗や藤原歌劇団への振付提供および出演など多方面で活動。
2010年 平富恵スペイン舞踊公演「エル・スエニョ Ⅱ」にて、文化庁第65回芸術祭受賞。
2016-17年 現代舞踊協会制定第18回河上鈴子スペイン舞踊賞受賞。「RyojinHisho」「Hokusai Flamenco Fnatasy」の2作品同時受賞。
2015年より文化庁主催「文化芸術による子供育成総合事業(巡回公演)」に、全国唯一のフラメンコ芸術団体として選出され、芸術普及活動を実施。(公演実績55校 総鑑賞者数 約16,000名 2020年度までの実績)
現在千代田区内神田に平富恵スペイン舞踊研究所を開設し、後進の指導に務める。

平さんのホームページはこちら
平富恵スペイン舞踊研究所

YouTubeはこちら
YouTube:平富恵スペイン舞踊研究所

 

志風恭子

フラメンコ研究家、通訳コーディネーター
1987年よりスペイン、セビージャ在住。パセオ・フラメンコなどに執筆、また数多くのスペイン人アーティストの来日公演等に通訳、コーディネートでたずさわる。セビージャ大学フラメンコ専攻博士課程前期終了。スペインでも取材活動の傍ら、講演を行ったりフラメンコ・コンクールの審査員、ラジオ番組の構成出演など活躍。

志風さんのブログはこちら
志風恭子のフラメンコ 最前線

 

タマラ

フラメンコダンサー
神奈川県横浜市出身。
幼少の頃よりモダンバレエ、クラシックピアノを学び、音楽と舞踊に親しむ。
大学在学中には競技ダンス(ラテンダンス)を二ッ森亨氏、由美氏に師事。
その後フラメンコに出会い、日本、スペインで数々の著名なアーティストの指導を受ける。
現在は、東京近郊でのタブラオ、舞台出演、後進の指導に注力しながら、青山TOROフラメンコライブのブッキングを担当。
フラメンコの裾野が広がる未来を目指すボランティア集団「Flamenco2030」のメンバーとしても活動中。
≪受賞歴≫
2017年 日本フラメンコ協会第26回新人公演バイレソロ部門にて奨励賞受賞
2020年 第一回フラメンコWEBフェスティバル ソロ作品にて入賞
2021年 第二回フラメンコWEBフェスティバル タマラ・ラボとして参加、入賞
    (振付・構成・出演)

タマラさんのホームページはこちら
ホームページ

 

永田健

日本では数少ない男性フラメンコダンサーとして全国で活動中。
2013年度日本フラメンコ協会新人公演にて、史上初めて審査員満票で奨励賞を受賞する。
伝統的でエレガントなスタイルと現代的なテクニックを併せ持つ踊りを高く評価される。
2020年に和装で名所で踊る「日本に恋した、フラメンコ」をYouTube公開。47都道府県で撮影、全国から770人が参加。和洋折衷の新たな試みとしてスペインを含むメディア60社から取材される。現在は企画続編として全国名所でライブ配信を開催中。

永田さんのホームページはこちら
ホームページ

日本に恋した、フラメンコはこちら
日本に恋した、フラメンコ

YouTubeはこちら
YouTube:Ken Nagataチャンネル

 

Francisco Morales “El Pulga”

セビージャ生まれ。
8歳でフラメンコギターを始める。
幼少時より、様々なペーニャを訪れ、カンテに合わせた演奏方法を身につける。
1985年にプロとしての活動を始め、スペイン、ポルトガルを中心に活動。
1994年よりセビージャのTaller Flamenco教室で、ギター、コンパス&パルマの講師として従事。
2020年より大阪を拠点に演奏、教授活動を始める。

El Pulgaさんのホームページはこちら
Taller Flamenco Osaka

Facebookはこちら
FaceBook:Taller Flamenco Osaka

 

矢野由希子

アフィシオナーダ。
自分でも歌ったりします。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る