La Flamenca 〜厳選!おすすめ動画紹介

La Flamenca 〜厳選!おすすめ動画紹介

サイトの紹介

2010年からセビージャで発行されていた紙の雑誌がウエブに移行したもので、ニュースや公演評、インタビューなどが掲載されています。スペイン語のみ。

◎サイト
 https://www.revistalaflamenca.com/
◎YouTubeチャンネル
 https://www.youtube.com/c/RevistaLaFlamencaFlamencoTV/


●Ballet Flamenco Andalucia “Imágenes” – Sevilla – 2015(2015 / 5:54)

椅子と照明と音の演出がとにかく徹底していてかっこいい。群舞が揃いすぎるとフラメンコらしくないと言われることも多いですが、統制のとれた身体の動きによって生まれるテンションのうねりは確かにフラメンコ!(2020/10/15 動画紹介)


●IX Festival Flamenco de Londres 2012 – Vicente Amigo(2012 / 4:17)

ロンドンでのフラメンコフェスティバルに出演した Vicente Amigo ビセンテ・アミーゴの演奏。
彼の来日公演で、現在活躍する多くのギタリスタが誕生したと言っても過言ではないかもしれません!
気持ちのどこかを揺らす旋律、心地好くいつまでも聞いていたい演奏、いつも本当に素敵です。(2020/10/15 動画紹介)


●Antonio Canales, Segundo Falcon, Paco Jarana, Rafael Riqueni y Manolo Franco(2014 / 2:29)

セビージャで2年ごとに開催されるビエナルは楽しめる演目がいっぱいです。
Antonio Canales アントニオ・カナーレスの登場に沸く客席。いつでも華麗に、そして粋に舞台上を支配してしまう存在感はさすがです!(2020/10/1 動画紹介)


●Rocio Molina – Bienal de Flamenco de Sevilla 2014(2014 / 3:58)

こちらも同年のビエナルより。いつも驚かせてくれるRocio Molina ロシオ・モリーナ。
次に何をするのか全く予想できませんが、それでも奇をてらっているだけではない、素晴らしい身体能力と音楽性には、戸惑いながらも引き込まれてしまうパワーがあります。(2020/10/1 動画紹介)


●Fiesta de la Bulería de Jerez “Al Barrio de San Miguel”(2020 / 16:47)

2020年8月にへレスで行われた、Antonio Malena アントニオ・マレーナ演出作品のダイジェスト。舞台としてしっかり見せるように作られていながら、とにかくずっと出演者たちが内輪のペーニャのようにあたたかくノリが良く、見ごたえがあります!(2020/9/24 動画紹介)


●Espectáculo “De la Ortodoxia a la Vanguardia”(2020 / 5:35)

2020年7月にへレスで行われたステージ。偉大なアグヘータ家の若者で カンタオールでありギタリストでもあるAntonio “Agujetas Chico” アグへ―タ・チコ。ギター持ってるのに弾かないで歌ってるんですけど!?と興味を引かれ、響きの良い会場に流れる繊細さと力強さに聞きほれてしまいました。弾き語りもすごく素敵です!(2020/9/24 動画紹介)

●Espectáculo “Oriunda”(2020 / 13:11)

いろいろな形式で、どれも見ごたえのある曲のダイジェスト。勢いのあるわくわくする場面が多くて、あっという間に最後まで観てしまいますし、盛りだくさんなので1公演がっちり観たような満足感。自分がどんなタイプの歌、どんなタイプの踊り、どんなタイプのパレハが好きか、比べて考えながら観るのも楽しいです。(2020/9/17 動画紹介)


●Manuel Liñán, XXIIº Festival de Jerez 2018(2018 / 5:34)

魔法使い…?な導入から、一転してとてもチャーミングなバタのアレグリアスへ。でも後半では再びまさに魔法使いのようなマントン捌きに目を見張ることになります。そしてバタとバストンがこんなに好相性だったとは。様々な仕掛けも楽しいですし、何でもないようなところがとても粋だったりと、短い時間に魅力がいっぱいです。(2020/9/17 動画紹介)

関連記事

ページ上部へ戻る